Topトップへ

文章表現法 | 拓殖大学北海道短期大学

シラバス(講義要項)

文章表現法担当: 勝谷 友一、高島 裕美

開講コース

保育学科 1年次 前・後期

目的と内容および到達目標

「伝え合う言葉」という表現に象徴されるように、言葉は互いの意思を伝え合うための大事な要素である。本授業では、文章で表現するための基礎的な技術と方法を習得することを目的としている。言葉を効果的に働かせ、相手に「伝える」言葉のあり方を考えることが大切である。
同時に、本授業は実習指導や就職指導とも関連性を持ちながら展開される。従って、実際に実習で用いる実習日誌や履歴書の記載方法等についても、関連科目と連携をとりながら実践的に学ぶ。

【到達目標】
・保育者常用漢字を習得することができる。
・実習日誌や履歴書の記載方法を理解し記入することができる。
・自分の考えを整理整頓し記述することができる。
・社会事象を分析し、レポートなどにまとめ発表することができる。
・社会生活や学習活動に必要な文章を構成する表現能力を身に付けることができる。

授業計画

[前期]
1.前期ガイダンス・保育者常用漢字の習得
2.保育者常用漢字(保育園・幼稚園職員頻出用語)
3.保育者常用漢字(漢字能力検定3級程度の用語)
4.保育者常用漢字まとめ
5.実習日誌の書き方(保育園・幼稚園)
6.実習日誌の書き方(社会福祉施設)
7.手紙の書き方(本文の構成)
8.手紙の書き方(頭語と結語)
9.コラムから読み取れるものとは(新聞のコラム)
10.コラムから読み取れるものとは(雑誌のコラム)
11.コラム・エッセイから読み取れるものとは
12.考えをまとめてみよう(最近の社会問題から)
13.考えをまとめてみよう(子どもを取り巻く諸問題)
14.考えをまとめてみよう(大学で学ぶとは)
15.各自の成果と課題について(自己評価と発表)

[後期]
1.後期ガイダンス・実習ふりかえり
2.作文の書き方・校正
3.作文1(自己紹介)
4.作文2(自由題)
5.レポートの書き方(書式について)
6.レポートの書き方(図書館の活用について)
7.レポートの書き方(雑誌の活用について)
8.レポートの書き方(インターネットの活用について)
9.履歴書の書き方(書式など)
10.履歴書の書き方(自分の性格)
11.履歴書の書き方(志望動機)
12.履歴書の書き方(大学生活で得たもの)
13.保育者常用漢字(保育園・幼稚園職員頻出用語)
14.保育者常用漢字(漢字能力検定3級程度の用語)
15.各自の成果と課題について(自己評価と発表)

単位数

2単位、授業回数:30回

講義の進め方

実習や就職活動を意識しながら、段階的に課題に取り組むことで文章表現の方法や技術のスキルアップを図る。
随時、保育者常用漢字や漢検3級・2級・準2級程度の漢字のドリルを行う。
作文やレポートなどの課題を多く出すので、提出期限などに十分に留意すること。

試験と成績評価

漢字試験・作文・レポートなどの課題提出などをもとに、総合的に評価する。

担当教員から受講生諸君へ

言葉は伝え合うもの。文章で相手に自分の意思を伝えられるよう、また、相手の意思をしっかり受け止められるよう、表現の方法・技術を習得する努力をすること。

使用教材

教科書・参考書:なし。必要に応じて各種資料を配付する。