Topトップへ

保育学科 造形表現コース | 拓殖大学北海道短期大学

保育学科 造形表現コース

子どもの感性を刺激し可能性を広げる遊び道具・教材づくりの力を育てます。

学びの特色

描く

子どもが絵を描くために必要とされる基礎能力について、点や線の描き方から色のつけ方まで、子どもの発達段階に応じて学んでいくことで保育現場での実践力・応用力を高めます。

つくる

子どもは感じたことや体験したこと、ものをつくることを通して表現します。紙や木、粘土からおもちゃまで、子どもの造形・表現意欲を高めるものづくりの技法について幅広く学びます。

演じる

「演じる」ということは、自分自身と真剣に向き合い、羞恥心を拭い去る取り組みです。保育者にとって必要な表現力が養われるだけでなく、他者とのコミュニケーション力も備わります。

授業ピックアップ

これからの時代に必要な“創造性”を高める学び

紙や木、粘土などの素材の活かし方等を実践的に学び、図画、工作、クラフトなどで保育の現在に適した造形表現を磨きながら、子どもたちを楽しませる力を身につけます。また、幼稚園や福祉施設での上演イベントなどで子どもや地域の人たちとのコミュニケーション力を育てるほか、ミュージカルの舞台美術製作を通じて学生同士の交流にも力を入れています。

人形劇

造形表現コースには、深川市内の保育所・幼稚園を訪問し、人形劇や影絵、ペープサートと呼ばれる簡単な人形劇などを上演します。保育の現場で使うことになる教材を使って演じることで、学生は保育者としての表現力、実践力を習得します。題材は、桃太郎や三匹の子ぶたといったなじみの深いものを採用し、ストーリーのアレンジから衣装、人形などの製作、発表までを学生が手がけます。

科目名:保育教材研究

絵画・コラージュ・ポスター・カレンダー・絵本など保育現場で活かせる教材製作全般について、素材の用い方から教材化までを実践的に学びます。

科目名:造形表現

紙や粘土、木、ガラスなど様々な素材を使用し、素材の特徴を活かした造形表現を展開していきます。また、作品製作を通じて造形物や美術作品に対する見識を養います。

造形表現コースの全科目一覧

区分科目名
基礎(教養)科目

基礎科目入門、日本国憲法、学問と人生、総合芸術、英語(国際コミュニケーション)、パソコン入門、体育講義、体育実技

専門科目

音楽1、図画工作、体育、文章表現法、言語、音楽2、音楽3、社会福祉、援助相談、児童家庭福祉、保育原理、社会的養護、教育原理、保育者論、幼稚園教諭論、教育心理学、保育の心理学1、保育の心理学2、子どもの保健1、子どもの保健2、子どもの食と栄養、家庭支援論、教育方法、教育相談、教育課程総論、保育内容総論、保育内容研究1(こどもと環境)、保育内容研究2(こどもと人間関係)、保育内容研究3(こどもの健康)、保育内容研究4(こどもの言葉)、保育内容研究5(こどもの音楽表現)、保育内容研究6(こどもの造形表現)、乳児保育、児童文化、社会的養護内容、障害児保育、保育相談支援、幼児保育、保育実践演習、保育実習1、保育実習指導1、保育実習2、保育実習3、保育実習指導2、保育実習指導3、教育実習(事前・事後の指導を含む)、保育・教職実践演習(幼稚園)

造形表現コースの独自カリキュラム

保育教材研究1、保育教材研究2、保育教材研究3、造形表現

就職サポート

徹底したサポート体制で夢の実現を後押し2015年度を含め、12年連続で高い就職率!

保育学科では、10年連続100%というパーフェクトな就職率を誇っており、平成25年度は全ての学生が保育・福祉関係への就職を実現しています。キャンパスには教職員のサポートのもと、学生達が夢に向かって共に学び合おうという、“向学”の雰囲気があふれています。

取得目標資格

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭2種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 幼児体育指導者検定2級
  • 日本赤十字社救急法救急員養成講座受講証
  • 介護職員初任者研修修了者