Topトップへ

社会人学生が保育学科でも学んでいます。 | 拓殖大学北海道短期大学

社会人学生が保育学科でも学んでいます。

 本学には、保育学科にも20代~50代の社会人学生(保育士養成科委託学生)が在学しており、保育士資格と幼稚園教諭2種免許取得を目指し学んでおります。
 卒業後は、保育士や幼稚園教諭として保育園や幼稚園、社会福祉施設で活躍しています。

保育士養成科とは

 保育士養成科とは、公共職業訓練(緊急再就職訓練)の一環で、保育などの分野への就職希望者のため、厚生労働大臣の指定を受けた養成施設において、保育に関する学科及び実技の訓練を行い、保育の専門職である「保育士」の資格取得(国家試験)を目指す2年間のコースであり、委託学生は、学費(諸費を除く)全額免除で授業を受けております。

これまでの社会人学生数(保育士養成科委託生)

・平成24年度 4名
・平成25年度 1名
・平成26年度 4名
・平成27年度 4名
・平成28年度 3名
・平成29年度 5名

社会人学生・卒業生からコメントをいただきました

保育学科・造形表現コース:松田 享美さん(2017年入学)

 私は3人の子どもを育てながら大学に通っています。知らない土地での子育ての不安のなか子育て支援センターに助けられた経験から、自分自身の子育て経験を活かせる仕事、保護者の手助けができる仕事を考えるようになりました。そして、保育士の資格があることが保護者の安心感につながるだろうと感じ、入学を決めました。
 授業は興味のあることばかりなので楽しく過ごしています。学ぶことの楽しさを改めて実感しています。以前より忙しくなりましたが、子どもについての理解が深まり、またすぐに自分の子どもに学んだことを実践できて、余裕を持って子育てできていると思います。現役の学生の「若さ」を羨ましく感じることもありますが、ついつい保護者目線で見守っている感じですね。自分の学生時代を振り返りながら、自分が持っていない発想やアイディアを現役の学生から盗んでいる状況です。
 将来は、保護者の気持ちに寄り添った保育を目指しています。子育ての経験者だからこそ伝えられること、できることがあると思います。そして、今後の少子化時代に子どもにとって良い環境となる保育所・幼稚園を残すために何が望まれるのか、乳幼児期にどのような力を身につけることが望まれるかなどを考え実践する保育者になりたいと思います。

保育学科・造形表現コース:小林 明香里さん(2017年入学)

 私は、高校生の時から保育の道への憧れがありましたが、家庭の事情により、進学を諦めて就職しました。5年間勤務しましたが、やはり保育者への憧れが強く、様々な縁やタイミングが重なったこともあり、進学を決意しました。授業の中でも社会人時代の経験を生かせる場面が多く、自分のやりたかった勉強が出来ているので、毎日充実しています。
 社会人入学することは少し勇気のいることですが、私はこの決断ができた自分を褒めてあげたいと思っています(^^)

保育学科・造形表現コース:長堀 りささん(2017年入学)

 私は、商業高校に通っていたため、卒業後はなんとなく就職し、2年間働いていました。ですが小さい頃から保育士に憧れていて、自分の夢にチャレンジしようと思い、仕事を辞め、社会人入学することを決めました。
 最初は不安な気持ちしかありませんでしたが、元気な子たちと愉快な先生ばかりで、とても楽しい学校生活を送っています。この学校なら、自分の夢に向かって諦めずに頑張れそうです。

奥谷 由香さん(2016年3月卒業・深川市内保育園勤務)

 働きながら子育てをした経験を活かし、働くお母さんの気持ちを少しでも理解する事ができればと思い、自宅から近い拓大で資格を取得できることを知り、家族とも相談して入学することを決めました。
 拓大では、何気ない遊びでも、子どもと一緒になって楽しむことが、子どもの成長・発達のために欠かせないと改めて学ぶことができました。
 卒業してからは、市内の保育園で0.1.2歳児クラスの補助保育士として勤務しています。言葉を聞きとるのが難しい時もありますが、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添えるよう努力しています。また、”カッコイイ!” ”スゴイ!!” ”ステキ!!!” など、子どもを褒め、子どもと喜びを共感できるよう心掛けながら、毎日楽しく保育をしています。

伏見 政子さん(2017年3月卒業・深川市内保育園勤務)

 私は40歳で拓大に社会人入学をしました。
仕事を辞めて学生になることは、不安も沢山ありましたが、今はチャレンジしてみて本当に良かったなと感じています。
 拓大の先生たちは学生との距離感が近く、どんな時でも全力でバックアップしてくれました。しかもユーモアたっぷりなので授業も楽しかったし、若い同級生達との関わりも、とても貴重で楽しい時間でした。
 私の学年では社会人は4名でしたが、もし迷っている人がいたらぜひチャレンジしてほしいです。
 もちろん、大変なこともあるけど、きっとステキな2年間になります!!