Topトップへ

第13回 実験・実習農場公開デー(7月5日)を開催します。 | 拓殖大学北海道短期大学

第13回 実験・実習農場公開デー(7月5日)を開催します。

拓殖大学北海道短期大学 第13回実験・実習農場公開デーのご案内

 初夏を思わせるこの頃ですが、皆様方にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、このたび農家の方々、教育機関、農業団体、農業関係機関、本学OBの方々、深川市民の皆様等との交流を目的に次の日程で実験・実習農場公開デーを実施することにいたしました。
 本学農学ビジネス学科環境農学コースの学生は農業後継者が大きなウエイトを占めていますが、農業及び花・園芸に興味のある非農家の学生も多くいます。本学科の授業においては、講義に加えて農場における実験・実習や農家における研修等実践的な教育に力を注いでおります。ご多忙のところ誠に恐縮とは存じ上げますが、ご足労いただき、本学の教育活動に対しまして有益なご指導、ご助言をいただければ幸いに存じます。

農場公開デー概要

日時 平成29年7月5日(水) 13:00~15:00
○ 受 付 12:30~13:00
○開会式・圃場案内 13:00~14:30
○農産加工品・黒米試食 14:00~15:00
○公開講演会 13:15~14:00
 演題 『北海道畑作の実力』~『豆類』の栽培
    拓殖大学北海道短期大学 教授 岩谷 豊

<実験・実習の取り組み課題 例>

・北海道用黒米新品種の育成
・イネへの尿素施肥法の検討
・秋まき小麦のリン酸、カリ減肥試験
・サツマイモ品種比較試験・ラッカセイ品種比較試験
・北海道におけるスターチス類、トルコギキョウ、ダリアの栽培

参加料

参加料は無料です。(試食会も準備しております。雨天時には雨具等のご用意をお願いします。)

お申し込み方法

お手数ですが、参加ご希望の方は、下記申込用紙によりFAX(0164-23-4411)にて6月28日(水)までにお申し込み下さい。

●チラシ・申込用紙(PDF)→  農場公開デーチラシ